100人のスズキさん

100人のスズキさんと出会うブログ。 西宮を中心に尼崎・芦屋・神戸あたりでシーバス釣りを始めました。 たまにはブラックバスやフライでトラウトも。 その他日々の出来事など・・・。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タックルケースの中身(シーバス用ルアー)


Category: タックル   Tags: ---
釣りにあんまりいってないので
今回はタックルケースの中身の話

勿論
季節・ベイト・場所等々で持って行くルアーは変わります
今回はほぼ常時バックに入れてるケースです
DSCN2044_convert_20121223003755.jpg

私の場合シンペンとバイブに小型ミノーです
海の場合シンペンとバイブをメインで
河川の場合は小型ミノーをメインで使うケースが多いです
多分あんまりルアーローテーションもしない方なんで
海の場合は結構シンペンとバイブしか投げない事も多いですね
どちらも遠投が効き広く探る事ができるのと
フローティングと違って
リトリーブなどで割りとレンジの調整が出来るので
この2種類のルアーを多用するようになりました
(単にめんどくさがりなだけですね)

河川の場合は
小型ミノーを中心に逆にバイブやシンペンはあまり投げないです
理由は川の場合は何が沈んでるかわからないんで
根掛かりロストが嫌なだけです(笑)

カラーについては
ざっくりナチュラル系(シルバーホロ的なもの)と
パールホワイト系の2色に大別しています
海の場合はナチュラル系メインで
河川の場合はパール系メインです

かなり身勝手なルアーセレクトで
ベテランアングラーさんからみれば???
ツッコミ所満載って感じでしょうが
自分が信じて、ストレスなく投げ続けられる事が大切だと思ってます

【シンキングペンシル】
DSCN2048_convert_20121223003844.jpg

【バイブレーション】
DSCN2049_convert_20121223003907.jpg

【小型ミノー】
DSCN2047_convert_20121223003821.jpg


後は季節やベイト等によって
バチ用
カタクチ用
マイワシ用
サヨリ用
河川用
デイゲーム用
などのルアーを適当に持って行く感じですね

スポンサーサイト

阪神間のシーバスタックル考(リール編)+釣行5回目


Category: タックル   Tags: ---
1月22日

少し暖かかったんで、夜少しだけ投げてきました。

ホームとアフターっぽい場所で計1時間ほどやりましたが
1バイトあったような気がしましたが、きっと気のせいでしょう。

何となく去年なんかに比べると、着き場が絞りにくい気がします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

前回に続いて、タックルの話

今回はリールについて書いてみようと思うんですが
私、竿と比べるとリールにあまりこだわりがありません(笑)
しいて言えばシマノ派ということくらいでしょうか
(あ、でも先日ソルティガを使ってみて、ダイワもいいなぁと(笑)

シーバス用に最初に購入したのがダイワのレガリスというモデルでしたが
今思うとまだPEラインになれてなかった腕のせいだと思いますが
タックルのせいにして竿と一緒にすぐ売却してしまいました

で、その次に買ったのがこれ
IMGP0742_convert_20120124015150.jpg
○Reel Shimano Rarenium CI4 C3000S

ハイ、エギング用のリールですね
当時のシマノのスピニングリールでの選択肢として
ステラやツインパは予算的にパス
アルテグラADや旧バイオという選択もあったんですが
やはりCI4の軽さに引かれて、レアニウムとの2択
決め手はシャロースプールとリールスタンドが標準装備(笑)
(カラーも風神号にはピッタリ!)
軽さ重視の私は迷わずシングルハンドルでした
因みに、これはEVAの丸型ハンドルなんですが
レアニウムのT型ハンドルより全然こっちの方が巻きやすいです

PEラインの扱いに慣れたこともあるんでしょうが
ライントラブルもほとんどなくなり
このリールのお陰でシーバス釣りにドップリはまってしまったといってもいいかと

が、しかし使っていくうちに不満点がひとつ・・・
1号100mも巻ければ十分だと思っていたのが
リーダー付け直す時等に少しづつPEが減ってくると
結構直ぐにフルキャストで糸がなくなることに気付きました

で、性能的にはほぼ同じこれを追加購入
IMGP0743_convert_20120124015217.jpg
○Reel Shimano Rarenium CI4 C3000

たぶん、中身はほぼ同じですね
ブログを初めてから、ほぼこの2つをメインにシーバスやってますが
今のところ大きな不満はないですね

めんどくさがり屋なので、釣行から帰ったら水洗いするくらい
たまにオイル差してラインローラーバラすくらいですが
かなり酷使してるにもかかわらず、今のところ回転もスムーズ
私のレベルでは必要十分なリールだと思っています


もう一つ去年夏から仲間に入ったのが
IMGP0745_convert_20120124015243.jpg
○Reel Shimano BIOMASTER 4000HG

ショアジギング用に購入したんですが
今はほぼIP専用リールです(笑)

X-SHIPとハイギアに惹かれての購入
ステラ・ツインパと導入されてきたX-SHIP、確かに巻き心地はシルキー
またハイギアはデイゲームにはよさげな感じですね
ただ、一つ気に入らないのがドラグ音・・・安っぽいです(笑)

しかし、売値で1万円中盤でこの性能・・・
昔では考えられないですねぇ


今はこの3台に、それぞれPE1.0、1.2、1.5号を巻いて使ってます
この中でどれか1台となると、レアニウムになりますか
昔のステラっぽいデザインもグッド!
何より軽い!
同じC3000で比べると、Newバイオが255g、レアニウム195g
勿論ロッドとのバランスもありますが、
キャスト&巻くの繰り返しのシーバス釣りにおいてこの差はデカイかと
まぁ、もっといいリールになると大きく違うのが
使ったことがないのでわかりませんが、おそらくドラグ性能とベアリング数
先日行ったオフショアジギングなんかだと、
こういった部分の重要性がかなり大きく、リールの性能がかなり大事だと感じましたが
シーバスの場合なら、私ならリールにお金使うなら竿の方が重要な気がします


あ!でももし今買うなら、間違いなくエクスセンスCI4C3000Mですね!
1.2号が150mジャスト、EVA丸型ハンドルがいいです!
レバーという選択肢もありますが・・・
どうなんでしょうね、レバー?

しかし、道具って才能云々もありますが
やはり、デザイン等含め自分が気に入って使えるかどうかですね

阪神間のシーバスタックル考(尼崎、西宮、芦屋)


Category: タックル   Tags: ---
今年に入ってオフショアジギングに2回
ちょっとジギングにハマってきてるhassyです(笑)

最近ジギングのタックルを少しづつ揃えているんですが
本やネットで調べても、なかなかどんな道具を揃えたらいいのかわからない!

シーバス始めた時も思ったことなんですが
ショップなんかで聞くと、利益率の高い商品とかオリジナル商品とか進められそうだし
身近にやりこんでる友人とか居ればいいんですが
(ジギングに関しては、偶然友人にやってる人がいて助かってます)
結局色々参考にさせて頂いたのが、諸先輩方のブログです

てことで、2年と少しというまだまだ初心者ですが
シーバスタックルについて少し書いてみたいと・・・
あくまで初心者の方々に参考になればということですので
やりこんでらっしゃるブロガーの皆さんは、適当に流して下さいね(笑)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私がシーバス釣りをしているのは
東は神崎川水系あたりから西は神戸(中央区付近)までで
メインは西宮界隈です
それと、ほとんどが夜の釣りであり、デイ(朝)釣りをすることは少ないです
(まぁ、デイが苦手・・・つまり下手なだけですが・・・)
また、天邪鬼というか偏屈オヤジというか
あまりみんなが使ってないのが好き
ハイエンドタックルは経済的に・・・(ロッド、リール共に売価2万円以下な感じです)
という個人的趣向が大いに絡んだタックルセレクトだという事をご理解下さい(笑)
リールについてはシマノ派なので・・・


現在、私がメインに使っているタックルは3セット

①どれか1本というならこれ(7~12月、特に秋)
IMGP0740_convert_20120121141555.jpg
○Rod Apia Foojon'go Redline The FLY HIGH(8.8ft、ML)
○Reel Shimano Rarenium CI4 C3000
○Line PE:Sunline CASTAWAY1.2 Leader:TORAY Seabassleader16or20lb

私がシーズン通して一番良く使うのが12~16gくらいのシンペンとバイブレーション
秋のハイシーズンの阪神間のメインベイトは、カタクチイワシ・マイワシ・サヨリの3種類
特にサイズの大きいマイワシパターンやサヨリの場合は
20~30gの大型のルアーを使うケースが多くなります
Lクラスのロッドでも投げられない事はないですが、
特にサヨリなどの場合はサーフや河口でのウェーディングゲームになる場合もあり
ロングキャストが要求される場合もあります
その為、1ozのルアーをフルキャストできるパワーが必要だと思っています
また、ウェーディングの場合などはグリップが長いと水面にグリップエンドが当たると
投げにくいので、遠投には不利ですがショートグリップのこの竿に落ち着いています
長さは8.8ft、この微妙な長さが好きです
9.0ftというレングスは使ったことがないのですが、
8.6ftだと少し短すぎてロングキャストが厳しい気がする・・・
9.0ftだと長すぎて取り回しにくい気がする・・・
私的には8.8~8.9ftあたりが一番いい気がします


②冬~バチ抜け用(1~6月)
IMGP0661_convert_20120111142054.jpg
○Rod Valleyhill Tideraker TRS-83L
○Reel Shimano Sephia CI4 C3000
○Line PE:Powerpro1.0 Leader:TORAY Seabassleader12or16lb

1~2月の夜のシーバス釣りのメインは、いわゆるアフターシーバス
(産卵から帰ってくるシーバスが塩分濃度の薄いところを好む)
故に河川がメインになりますね
私の場合、この時期にメインで使うルアーが12~16gのバイブレーション
8~12gくらいの小型ミノーやシャッドなどの比較的軽めのルアーがメイン
時にはジグヘッドでワームなんかも使います
また、橋脚や岸際をタイトに攻める場合が多いので
取り回しやすい長さ(8.0~8.6くらい)で、アンダーハンドなどでも投げやすい
ショートグリップが好きです
勿論、バチの時期のついばむようなバイトに対応できる柔らかいティップがいいですね


③沖堤・デイゲーム用(夏・冬)
IMGP0293_convert_20110817235105.jpg
○Rod PALMS ShoreGun 96MH
○Reel Shimano BIOMASTER 4000HG
○Line PE:UnitikaSilverThreadSaltwaterPE1.5 Leader:TORAY Seabassleader20lb

あまり得意じゃない釣り(笑)
オープンウォーターで遠投という釣りで
投げるのはほとんど鉄板系かブレード系ルアー(IPやPBですね)
20~30gをフルキャストできるスペック
これでメタルジグなんかも投げたりします


タックルというものは、良く行くフィールドによって異なると思います
また、デイゲーム主体なのかナイトゲームなのか
どんなタイプのルアーが好きなのか・・・
ロッドの使用感などはホント好みがありそうですし
店で触っただけでは全くわからないと思います
実際にリールを付けて、ルアーを投げて、
特に魚を掛けてみないと良し悪しはわからないと思っています

シーバスロッドのハイエンドクラスというものを使ったことがありませんが
あまり「感度」というものの重要性を今のところ感じません
勿論上級者の方などは「流れを感じる」「シーバスが後ろに付いてる」など
感度がものをいうものなのかも知れませんが・・・
基本的に「底を取る」「アタリをとる」という釣りではなく
PEライン使用による感度で今のところ十分と感じています
(まぁ、ハイエンド機種が買えない負け惜しみッス)


今回はロッドメインの記事になりましたので
またリールについても適当に書いてみます

My Ambassadeur


Category: タックル   Tags: ---
ambassadeur LITE PLUS
RIMG0441_convert_20110115235954.jpg

ambassadeur SM1600
RIMG0444_convert_20110116000126.jpg

ambassadeur 4601C Gunnar
RIMG0439_convert_20110115235910.jpg

ambassadeur EON Pro 3600?
RIMG0438_convert_20110115235825.jpg

ambassadeur Morrum SX1601C
RIMG0443_convert_20110116000037.jpg


初めてルアーフィッシングってのを知ったのは小学生の頃。
たぶん「釣りキチ三平」で知ったような気がします。

近所の溜池に潜むという当時はまだ幻に近かったブラックバス。
どうしてもやってみたくて、父親に連れて行ってもらった釣具屋の
ガラスケースの中に、まるで宝石のように飾ってあった2500C。
とても小学生のお小遣いで買える代物ではありませんでした。
(で、当時購入したのが、同じ丸型のミリオネアでした)

で、大学生の頃にバイト代で初めて買ったのがLITE PLUSだったと思います。
それから、琵琶湖にウェーディングに通うようになるまで
ベイトリールはずっとambassadeurでした。

いくつかは、売却したりあげたりして、今も手元にあるのはこの5台。
未だに現役なのは、SX1601Cだけです。

しかし、やっぱりambassadeurはambassadeur。
心の中の特別な存在であり続けるでしょう。

釣行21回目


Category: タックル   Tags: ---
10月24日

天気予報では今日は雨です。
が、家に帰る頃には止んでいました。

ということで、最近好調な浜へ。
昨日リーダーが切れたままにしていたので、今日のタックルはこれ。
RIMG0225_convert_20101025021129.jpg
ベイトタックルで挑みます。

到着すると結構な潮の引き具合。
ゴリアテの小さい方を投げていきます。
昨日よりは減っていますが、やはりベイトはいます。
今日はベイトが何か確かめたかったので、
早巻きやジャークでベイトを引っ掛けようとしますが、ノーフィッシュ(笑)

結局、昨日購入したルアーなど色々ローテーションしますが、
なんか水色がにごってきています。
それとともにベイトの気配も減ってきます。

シャローをウロチョロしているとウェーダーの底に違和感が。
RIMG0227_convert_20101025021212.jpg
上がってみると、前々回補修したフェルトが剥がれてきていました。
浸水する前に、今日はこれまで。


タックルお話

本日のタックル
 Rod Tenryu Masterplan MP76L-BC
Reel Shimano ScorpionXT 1500-7
最初に購入したラテオの次に購入しました。

キャストアキュラシー重視でベイトタックルを探したのですが、
シーバス用のものでベイトの竿ってほとんどないですね。
バス用も考えたのですが、所有しているバス用ロッドで
使えそうなものがない。
そんな時に偶然ヤフオクで見つけたのがこれ。

少し柔らかそうかなと思いましたが、ショートバイトが取れないことも
タックル新調の理由の1つでしたので。
何より、かなり安かったw

リールは手ごろな価格とハイギアという理由です。

その頃、湾奥の狭いところがメインでしたので
やはりベイトタックルだとサミングが容易で、格段にピンに入れやすい。
かなり活躍してくれました。
RIMG0050_convert_20101025231046.jpg
たぶん自己記録のこのシーバスもこのタックルで釣りました。

しかし、問題が1つ。
スーサンクラスの軽いルアーが私の腕では飛ばないのです。

で、またまたタックル変更を考え出しました。

続きはまた、書くことがないときに。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

hassy

Author:hassy
FC2ブログへようこそ!

 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。