100人のスズキさん

100人のスズキさんと出会うブログ。 西宮を中心に尼崎・芦屋・神戸あたりでシーバス釣りを始めました。 たまにはブラックバスやフライでトラウトも。 その他日々の出来事など・・・。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宿命」「夜明けの街で」東野圭吾


Category: 小説   Tags: ---
ほんと最近東野圭吾ばかりっすね
水戸黄門的というか
ググッと惹きつけられてサックリ読める
しかも言いも悪いもそんなに後を引かない
(重くなくて心地よいという意味です)


「夜明けの街で」
DSCN2554_convert_20131201160911.jpg

しかしこの本は最近読んだ東野圭吾の作品の中では
ちょっと変わってました

一つ目は一人称で書かれてるということ
これまで読んだ東野作品にはたぶんなかったような…
自ずと感情の描写などが増え
主人公の目線で物語を読み進めてしまいます

二つ目は不倫の話だったこと
もちろん東野作品なのでミステリーというか犯罪が絡むものなのですが
前述の一人称で話が進むことと相まって
印象として8割がた不倫の小説という印象

したがって
今までの東野作品と少し違う読後感でした
けっこう重い…まぁ不倫ですからねぇ
主人公の妻子ある男がちょっとしたことで浮気
そこからドンドンはまっていく過程の心理描写がリアリティがあって怖いくらい

妻子ある方はご一読お勧めします(笑)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「宿命」
DSCN2553_convert_20131201160852.jpg

裏表紙より

高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は
苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。
男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で
奇しくも初恋の女の夫となっていた。
刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果たすとき
余りにも皮肉で感動的な結末が用意される・・・


相変わらず序盤から引き込まれサクサク読めます
事件のトリックというか種明かしの部分も面白かった

1990年ごろ発表された作品のようですが
戦時中からの話があったりと少々古さを感じますね
またトリックじゃなくストーリーとしてのどんでん返しの部分は
私的には「ちょっとどうなんでしょう?」て感じでした

スポンサーサイト

真夏の果実と読書


Category: 小説   Tags: ---
先日ある方からこんなものを頂きました
DSCN2304_convert_20130728012128.jpg
パッションフルーツ
ガムとかジュースなんかで名前を目にしたことはありましたが
実物を見るのは初めて
「皮の表面がシワシワになってきたら冷蔵庫で冷やして
 半分に切って中の種をスプーンですくって食べてね」
って言われたのでキウイのような中身を想像してたんですけど
DSCN2306_convert_20130728012151.jpg
めっちゃ種ですやん!(笑)
騙されたと思ってスプーンですくって食べてみると
これがとっても酸っぱい!
種というかこの種の周りに付着しているジェルのような物がメインみたいですね
酸っぱいんですけどなんか後味よい酸っぱさ
爽やかな夏を感じました


「容疑者Xの献身」東野圭吾

そうなんです
私、読み始めると結構止まらなくなるんですよね

本書裏表紙のコピーより
天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな思いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。

そうです
「ガリレオ」シリーズの長編です
しかしこないだ読んだ「探偵ガリレオ」「予知夢」と読後感が違いました
勿論短編と長編の違い
全ての事象や人物を語る分量の圧倒的な違いの差もありますが
心理描写というか人物的な部分にもスポットがあてられています
前2作では非常にクールでシニカルな湯川学が
友人である刑事草薙と久しぶりに再会した石神との狭間で苦悩する様は
とてもいい感じに描かれています

もちろんこれはミステリー小説です
しかし石神という男の愛の物語でもあります
愛した女性のために犯罪に加担していくことになるのですが
物語の前半部分で石神と惚れた靖子の関わりというか馴れ初めというか
そういった部分があまり描かれていません
なので「なぜ石神はここまでやるのか?」という所がずっと引っかかっていました
ミステリー=謎解きなので
そこの部分も最後の種明かし的な所で描かれているのですが
これが結構やられました!
トリックに関しても見事だったのですが石神の退路を断つ覚悟
不覚にもちょっと涙ぐみそうなくらい(笑)
見返りを求めない片思いにかなりまいりました

しかしその片思いの相手の靖子はどうなんだろ?
肉体的、性格面などの描写はあまりありませんでしたが
まだ娘の方がまともな気がします
特に最後の台詞…
すごく救いのない終わり方ですね

「探偵ガリレオ」「予知夢」東野圭吾


Category: 小説   Tags: ---
夏はアウトドアよりも
出来れば涼しいインドアで過ごしたいhassyです
エアコンの効いた部屋でビールでも飲みながら…
ってあまり家でお酒は飲まないですね
専ら夏場はお茶(蕎麦茶や番茶が好みですね)やジュース
もしくはアイスですね

そういえば先日釣りに行く途中で買ったこれ
DSCN2300_convert_20130719233611.jpg
TVCMでやってたんで試しに買ってみたんですが
かなりヤバイです!
特にルアーフィッシングする人にはヤバイと思いました
だってワームの袋の中に入ってる液体のアジがするんですよ!?
まぁ実際にワームの袋のなかの液体?オイル?を飲んだわけじゃないですけど(笑)
一応グレープ味の炭酸なんですけど何とも言えない後味…
「何じゃこりゃ?」って時にピンと来たのがワームの液体(笑)
是非皆さんの感想を聞きたいシロモノです!
(※味に関してはあくまで個人的感想です。美味しいと思われる方もいらっしゃるでしょう)



「探偵ガリレオ」「予知夢」東野圭吾

TVドラマになってましたね
映画にもなってたりして
「へぇ~人気あるんだ」なんて思ってたんですが
先日入った古書店で100円均一コーナーで見つけた「予知夢」
(東野圭吾作品は需要が多いのか100円コーナーではあまり種類ないですね)
読み始めてみると「湯川?」「大学の准教授の物理学者?」ってことで
直ぐにTVドラマのあれか!ってわかりました

で、「予知夢」を読み終わってこれがシリーズ第2弾とのことだったので
直ぐに古書店で「探偵ガリレオ」を探しました

読んだ感想は
「こりゃ、TVドラマにはウッテツケやな」ってこと
ガリレオも予知夢も短編の5編からなり非常にテンポ良く読めます
メインの登場人物は
湯川学なる大学の准教授である物理学者と草薙という刑事2人
でもTVドラマは柴崎コウだったような?

でも一番驚いたのは
作者の東野圭吾が特定の人物をイメージして作品を書いたというエピソード
sano.jpg
なんと!主人公の湯川学は「佐野史郎」さんだったようです
確かにドラマの主役が佐野さんだったとしたら
ここまで人気は出なかったかもしれませんね…
そんな感じで相手役も女性に変更になったんでしょうね
(しかし、佐野史郎さんは悔しかっただろうなぁ(笑)

内容としては所謂ミステリーですね
心理面よりも謎解きの部分に主眼が置かれており
犯人の心理描写なども謎解き用としてある程度なので
ホント軽快に読み進められます
その謎解きに「科学」というスパイスがとても上手く効いていますね

暑い夏の夜なんかにはうってつけの本かも知れません
夏の間にシリーズ後何冊か読んじゃうだろうなぁ

「スローなブギにしてくれ」片岡義男


Category: 小説   Tags: ---
私が中学生くらいだったかな?
映画化されてました
DSCN2299_convert_20130716210159.jpg
中学時代の私は大藪晴彦ばっかり読んでました
そう「野獣死すべし」「蘇る金狼」とかですね
当時は松田優作がメチャメチャカッコよかった!
ま、大藪晴彦についてはまた改めて書きたいと思います

そんなハードボイルドにどっぷりだった所に
現れたのが片岡義男でした
南義孝の音楽と共に田舎の思春期の中学生だった私に
都会の生活への憧れや異性といったものを芽生えさせました
実際片岡義男を読んでいたのは高校以降が主でしたが
この本を実際に読んだのは今回が初めて

片岡義男の本はサラッとしています
ドロドロとした心理描写なんかはほとんどなく
たとえ三角関係なんかでもとってもおしゃれです
洒落たバーやカッコいい車やオートバイ
マンションや海岸・・・
とにかく人以外のものの細やかな描写が特徴のように思います
で、必ず登場するめちゃくちゃいい女!
また、タイトルがどれをとっても洒落てます!
音楽で「ジャケ買い」なんてのがありますが
「マーマレードの朝」
「ときには星の下で眠る」
「B面の最初の曲」etc…
タイトルだけで読んでみたくなります

しかしこの作品はかなり初期(1976年らしい)ので
作風が微妙に違いますね
18歳のオートバイ好きの少年とネコ好きの少女の話で
勿論時代の違いなんかもあるんでしょうが
後期?中期?の作品と比べるとザラザラした感じがします
これ読んでTUTAYAに映画借りにいったんですが
古すぎるからか置いてなかったです・・・残念
でもネコ好きの主人公の少女が浅野温子、ドンピシャですね!


この本も表題を含む短編集なんですが
片岡義男の本は短編が多く内容的にも重くヘビィなものはないので
気軽に読むことが出来ます
「さぁ!読むぞ!」って感じで勢い込んで読まなくてもOK!

でも、何故か私を色んな事を「頑張ろう!」って気分にさせてくれるのです

「69」村上龍


Category: 小説   Tags: ---
IMG00066_convert_20120916000509.jpg
春樹ではありません
龍です

因みに「six nine 」ではありません
「sixty nine 」です

村上龍が高校3年生だった1969年を書いた
かなり自伝的な作品です

1969年と言えば、世代的には2つくらい違うんで
時代背景や作中に出てくる音楽や文学等は合わないのですが
とにかく面白い!
あとがきで筆者も
「こんなに楽しい小説を書くことはこの先もうないだろうと思いながら書いた」
と記していますが、ホントに楽しい小説です
特に大好きな部分が
校長室の机の上に○○○をする所(笑)
何回読んでも爆笑してしまいます

中学生とも違う、大学生でもない
ホントにちょうど子供と大人の間のような
この時期だけがもっているある種の「熱」のようなもの
高校生というのはそんな特別な時代だと思う
勿論その渦中の高校生の頃は今がそんな特別な時代だなんて気付きもしない


自分の高校時代、こんなおもしろおかしいエピソードはなかったけれど
中身は一緒だなと
男子高校生の頭の中心は例外なく「女の子」で占められているのです
多くのミュージシャンが音楽を始めたキッカケとして語るのと同じですね
作中で作者は好きな女の子の気を引く為に
「バリケード封鎖」や「フェスティバル」をやったりします
別にそこに思想云々といったものはほとんどなく
中身は女の子に注目されたいだけなんです
そういった外側だけ思想云々で武装した中身をみぬかれた
友人アダモとの会話が面白い

有り体な言葉で、いわゆる青春小説なんですが
hassy的2大青春小説である(一つは勿論これ)
宮本輝の「青が散る」と比べると
この作品は高校時代、「青が散る」は大学時代の話であることが
「69」はハチャメチャな明るい感じで
「青が散る」はどことなく影があるイメージに繋がっているのかと
高校時代は限りない未来への希望ばかり
大学生になると、現実が少しづつ見えてくるというのか・・・

小説の最後
高校時代のマドンナから手紙をもらうシーンで登場するのが
Paul SimonのStill Crazy After All These Years
なんですが、何故か私が頭に浮かんだのがこれでした

何を隠そう、中学時代は結構ファンでした
顔は好みじゃなかったんですが、いい曲多いんですよね~

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール

hassy

Author:hassy
FC2ブログへようこそ!

 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。