100人のスズキさん

100人のスズキさんと出会うブログ。 西宮を中心に尼崎・芦屋・神戸あたりでシーバス釣りを始めました。 たまにはブラックバスやフライでトラウトも。 その他日々の出来事など・・・。

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この漫画が面白い!「PLUTO」


Category: 漫画   Tags: ---
「PLUTO」浦沢直樹×手塚治虫
DSCN2313_convert_20130803020546.jpg

あの「YAWARA!」の浦沢直樹が
あの手塚治虫の「鉄腕アトム」の一部分なのかな?
「地上最大のロボット」というものを原作にして
リメイク?したもののようです

私は手塚治虫の年代ではないので
記憶にあるのは「ブラックジャック」くらいですかね
しかし浦沢直樹は大好き
この人の漫画にハズレなし!
作品の多くがアニメ化や映画化されてますね
一番有名なのはやはり「YAWARA!」ですか
ちょっと前には「20世紀少年」なんかが実写版で映画化されてましたね
ほんとどの作品もクオリティが高いと思います



ロボットが人権?まで持って人間と共存する近未来の世界
そこで戦争を終結させた英雄ともいえる超高性能ロボット7体が
次々に殺されて(破壊?)いく
その事件を捜査しているのがその高性能ロボット7体の内の1体
ゲジヒトという刑事ロボット
繧イ繧ク繝偵ヨ_convert_20130803014130

ちなみにアトムは
img37_ATOM2.jpg
こんな感じです
ちなみにウランちゃんも出てきます
(この名前、今じゃちょっと駄目ですよね)

感情を持たないはずのロボットというものを通して
憎悪というもの、戦争というものを見つめています
原作があるものなので他の浦沢作品と印象が違いますが
なかなか面白かったです!

スポンサーサイト

真夏の明石ジギング×2


Category: オフショア   Tags: ---
長らく更新サボってました
シーバスもたまには行ってるんですけど
全然ダメなんすよね~(泣)
またまとめて記事にしようと思ってますが
取りあえずはジギングの記事でも


8月17日(土)
世間はお盆休みという中、仕事が入ったりしてたんですが
何とか土曜に休みが取れたので
なかなか休みの合わない以前の会社の後輩と明石へ

今回は帰りの渋滞等も考慮して西宮から出船の「はたの屋」さん
船に乗ってからの移動時間は長いですが
家から近いというのは何よりありがたいですね

後輩2人は伊勢方面にちょこちょこ行ってるとのことですが
明石は初めてとのこと
何とかボウズだけは避けたい所です

当日の展開は
明石海峡大橋周辺の潮が速く根掛かりの多いポイントを
ジギングでブリ・メジロ・サワラを狙いながら
ナブラがでたらキャスティングもといった感じ
途中太刀魚狙いもありましたが潮が速すぎて釣りにならない(泣)
DSCN2323_convert_20130820203020.jpg
船中でポツリポツリとメジロやサワラがあがる中
我々3人はツバス1にエソのみ(泣)
私もツバス1バラシのみ…(+ジグ3個ロスト(泣)

真剣にボウズを覚悟しましたが
後半私の後ろの方がブリサイズを釣られたのをヒントに
ジグを200gのものから100gのタングステンに変更
(タングステンのジグって高いから根掛り多い所では使いたくないんですけど)
モゾッ?っていう食い上げっぽいアタリで
やっとメジロサイズゲット!
船底に巻かれてラインブレイクするかと思いましたが
気合であげました(笑)
DSCN2324_convert_20130820203040.jpg

その後
1人釣れてなかった後輩も始めてのメジロをゲットして
メデタシメデタシ!
(ほんと皆ボウズじゃなくてホッとしました)


8月20日(火)
この日は垂水から出船の「利弥丸」さんから
メンバーはいつものTさんと
土曜一緒に行った以前の会社の後輩の内の一人ともう一人ジギング初めてさんと
DSCN2325_convert_20130820203059.jpg

まずは太刀魚狙い
直ぐにジギング初めてさんが2本ゲットしてくれて一安心
私はというと
DSCN2326_convert_20130820203121.jpg
指4~5本サイズを5匹というまずまずのスタート
(タチウオジギング、意外と面白いです!)

ここから青物ポイントに移動したのですが
長~い沈黙…
船中でもハマチ1~2本という感じで
先日は時折釣れていたサワラも全く
DSCN2328_convert_20130820203143.jpg
気がつくともうお昼前
しかしこのラスト1時間くらいとなった所からいきなりラッシュ突入!
終わってみると
DSCN2329_convert_20130820203202.jpg
ハマチ大~メジロクラス船中24本という大爆釣!
私はというと
DSCN2332_convert_20130820203218.jpg
ハマチ大~メジロ3本と太刀魚5本という
ここ最近のジギングではかなりいい感じの釣果でした!

真夏の果実と読書


Category: 小説   Tags: ---
先日ある方からこんなものを頂きました
DSCN2304_convert_20130728012128.jpg
パッションフルーツ
ガムとかジュースなんかで名前を目にしたことはありましたが
実物を見るのは初めて
「皮の表面がシワシワになってきたら冷蔵庫で冷やして
 半分に切って中の種をスプーンですくって食べてね」
って言われたのでキウイのような中身を想像してたんですけど
DSCN2306_convert_20130728012151.jpg
めっちゃ種ですやん!(笑)
騙されたと思ってスプーンですくって食べてみると
これがとっても酸っぱい!
種というかこの種の周りに付着しているジェルのような物がメインみたいですね
酸っぱいんですけどなんか後味よい酸っぱさ
爽やかな夏を感じました


「容疑者Xの献身」東野圭吾

そうなんです
私、読み始めると結構止まらなくなるんですよね

本書裏表紙のコピーより
天才数学者でありながら不遇な日日を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな思いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、二人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物理学者の湯川学が、その謎に挑むことになる。

そうです
「ガリレオ」シリーズの長編です
しかしこないだ読んだ「探偵ガリレオ」「予知夢」と読後感が違いました
勿論短編と長編の違い
全ての事象や人物を語る分量の圧倒的な違いの差もありますが
心理描写というか人物的な部分にもスポットがあてられています
前2作では非常にクールでシニカルな湯川学が
友人である刑事草薙と久しぶりに再会した石神との狭間で苦悩する様は
とてもいい感じに描かれています

もちろんこれはミステリー小説です
しかし石神という男の愛の物語でもあります
愛した女性のために犯罪に加担していくことになるのですが
物語の前半部分で石神と惚れた靖子の関わりというか馴れ初めというか
そういった部分があまり描かれていません
なので「なぜ石神はここまでやるのか?」という所がずっと引っかかっていました
ミステリー=謎解きなので
そこの部分も最後の種明かし的な所で描かれているのですが
これが結構やられました!
トリックに関しても見事だったのですが石神の退路を断つ覚悟
不覚にもちょっと涙ぐみそうなくらい(笑)
見返りを求めない片思いにかなりまいりました

しかしその片思いの相手の靖子はどうなんだろ?
肉体的、性格面などの描写はあまりありませんでしたが
まだ娘の方がまともな気がします
特に最後の台詞…
すごく救いのない終わり方ですね

08 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
プロフィール

Author:hassy
FC2ブログへようこそ!

 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 


Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。